【男性編】マッチングアプリでメッセージを続けて出会いを成功させる方法

女子

はじめに

マッチングアプリで異性と出会う上で、必須となるのがメッセージを続けることです。
1回のメッセージで会うことはないので、何度もメッセージのやり取りを続けてお互いのことを知る必要があります。
でも、実際にやりとりをしていると、いつのまにか返信がなくなってしまうケースも多いのではないでしょうか?
この記事では、男性がマッチングアプリでメッセージを続けて、出会いを成功させるためのコツをまとめています。

ネットはリアルよりシビア

マッチングアプリは、ちょっとしたミスが命取りとなります。
見ず知らずの他人同士なので、異性としてはメッセージの文面でしか相手の人柄や価値観を判断できません。
リアルでの関係なら、実際に顔を合わせて話すことで挽回できる可能性がありますが、ネットではそうは行きません。
ちょっと違うと思われたら、すぐに切られてしまうでしょう。
決してミスができないのがネットでの出会いなのです。

駄目なメッセージ例1:コピペ

マッチングアプリを成功させるには、多くの異性にメッセージを送る必要があります。
面倒臭がって、同じ内容のコピペを色々な異性に送りつける人もいるかもしれません。
よく練られたコピペもありますが、内容によっては異性にコピペだと見破られてしまう可能性があります。
コピペを送ってくる異性には真剣さを感じられないので、メッセージが途切れてしまうでしょう。

女性

駄目なメッセージ例2:思いのこもった長文

相手に好意を持って欲しいという思いが強すぎて、自分の思いをありったけに綴った長文を送る人がいます。
よく知らない男性から情熱的な長文を受け取った女性はどう思うでしょう?
ドン引きしてしまうのではないでしょうか?
人間の集中力はそこまで高くないので、長文を読むことを面倒だと感じる女性がいても不思議ではありません。
思いが強くなるのは仕方ありませんが、簡潔にまとめることをおすすめします。
特に相手の情報量が最も少ない1通目は相手が返信しやすいメッセージを送りましょう。

女性

駄目なメッセージ例3:大量の質問

メッセージに限らず、異性との会話にも言えるかもしれません。
女性とのデートで女性を質問攻めにして閉口させる男性がいますが、メッセージで同じことをやって女性の好感度を下げてしまうのはもったいないです。
大量に質問を送りつけられた女性は、回答するのも面倒だと感じてしまうでしょう。
質問したい時もあると思いますが、関連する話題が出た時に自然な流れで質問を差し込むのが良いでしょう。

駄目なメッセージ例4:どう反応していいのか分からない意味のないメッセージ

女性がどう反応していいのか分からないメッセージを送る人がいます。
「すべての人に感謝しています。有難う」、「神って存在すると思いますか?」、「お腹減った」など。
ブログやツイッターで書くなら分かりますが、異性に送りつける必要はありません。
メッセージを送る前に相手がどういう反応をするのか考えて送ることをおすすめします。

駄目なメッセージ例5:マイナスな印象を与える自己アピール

女性にマイナスの印象を与える内容を送る必要はありません。
極端な例ですが、「無礼な店員がいたので土下座させましたw」、「アダルトアニメを3時間見ました。」など間違った方向の自己PRは全くメリットはありません。

メッセージも会話と同じ

マッチングアプリのメッセージも会話と同じです。
相手に共感することが関係を深める上で大事です。
例えば、女性から料理が趣味だというメッセージが来たら、それに対して「料理趣味なんですね!」といったオウム返しをすることで、共感を示すことができます。
また、自己開示をしないと関係が深まらないので、メッセージの中で、適度に自分の情報を出していきましょう。
一方的だと思われないために、「適度に出す」ということが重要です。
繰り返しになりますが、最初のメッセージで、自分の情報を長文で送る必要は全くありません。

相手側の事情で途切れることも

こちら側にミスがなくても返信が来なくなるケースもあります。
他に良い条件の異性が見つかった、やる気がなくなったなど様々なケースが考えられます。
マッチングアプリなので、女性も多くの異性とメッセージのやりとりをしていることを忘れてはいけません。
特に思い当たる節がないのにメッセージが途切れた場合くよくよする必要はないでしょう。

女性

メッセージが続いたら

LINEのアドレス交換に移行して、LINEからメッセージのやり取りをする人が多いようです。
ここまで来れば、あとはデートに誘うだけです。

おわりに

マッチングアプリでメッセージを続けて出会いを成功させるためにやってはいけない方法のまとめです。

・コピペ
・思いのこもった長文
・大量の質問
・どう反応していいのか分からない意味のないメッセージ
・マイナスな印象を与える自己アピール

マッチングアプリのメッセージのやりとりもリアルの会話と一緒でキャッチボールが必要です。
相手のことを考えていない一方的なメッセージが敬遠されるのは言うまでもありません。
相手のことを気遣って送るのが成功の近道なのではないでしょうか?

口コミランキング上位婚活サイト


毎月20,000人のカップリ成立!

年齢で探す

ページ上部へ戻る