マッチングアプリ・婚活サイトにいるマルチ商法・宗教など勧誘系の人々見分け方

女性

はじめに

出会いを求めて、真剣にマッチングアプリや婚活サイトで活動していて、「いいな」と思った人がネットワークビジネス(マルチ商法)や宗教の勧誘目的で活動していることを知って、がっかりした経験がある人もいるでしょう。
ネット婚活は、結婚相談所とは違って気軽に活動できるメリットがある反面、その気軽さから勧誘系の人々も活動しています。
この記事では、ネット婚活で目に付くマルチ商法(ネットワークビジネス)や宗教など勧誘を目的として活動する会員の見分け方を解説します。

お金

勧誘系の種類1:マルチ商法・ネットワークビジネス

マッチングアプリや婚活サイトで最も多い勧誘の一つが、マルチ商法、ネットワークビジネスです。
マルチ商法・ネットワークビジネスとは、会員が新規会員を勧誘して組織を拡大していくビジネスで、会員には商品の販売ノルマが課されます。
代表的な会社として、アムウェイが有名ですね。

マルチ商法をやっている人は、とにかく多くの知り合いが必要です。
友達や家族の人脈だけでは限界があるので、セミナー、イベントに積極的に参加し、マッチングアプリや婚活サイトに登録するのでしょう。

お祈り

勧誘系の種類2:宗教勧誘

割合としてそこまで多い訳ではありませんが、自己啓発セミナーや宗教に勧誘する会員もいます。
ネットワークビジネスと異なり、お金目的で接近してくる訳ではなく、勧誘目的かどうか分かりにくい場合があります。
最初は一緒にセミナーに参加使用など持ちかけて、参加させたら、洗脳させるというパターンが多いようです。

次にネットワークビジネスを中心に勧誘目的で活動する人々の特徴をまとめてみました。

勧誘する人の特徴1:プロフィールが恋愛目的っぽくない

婚活サイトやマッチングアプリは前提として、出会いを求めている会員が登録しています。
ところが、勧誘系の人々は当然出会い目的ではないので、出会いを求めているアピールが少ないです。
職業や趣味などの基本的な情報があっても、「○○な異性がタイプです。」、「いい相手に出会えたら良いな」といった情報はありません。

尚、プロフィールの職業の欄が「自由業」、「旅行業」、「投資家」などと記載しているケースがあります。
最近は旅行系のネットワークビジネスも最近さかんに活動しているようです。

女性

勧誘する人の特徴2:写真が可愛い・イケメンなのにマッチングしやすい

勧誘系の人々はできるだけ多くの人と会って、勧誘したいと考えています。
見た目が良い方が結果が出やすくなるため、女性なら可愛い、男性ならイケメンの場合も少なくありません。
本来可愛い女性やイケメン男性はライバルが多くマッチングしにくいのですが、勧誘系の人々は、簡単にマッチングできてしまいます。
大したやり取りをしていないのに簡単に美男美女とマッチングできてしまったら、疑いを持った方がいいでしょう。

男女

勧誘する人の特徴3:すぐに会いたがる

異性と実際に会うまでには、相手のことを知るのと、相手に自分のことを知ってもらい、お互いに興味を持つことが前提となります。
メッセージのやり取りを通じて盛り上がって、じゃあ会おうという話になるのが一般的ではないでしょうか?

それに対して、勧誘系の人々の場合、会って勧誘することが目的なので、無駄なやりとりを長く続けるつもりはありません。
大してやり取りしていないのに「じゃあ来週の土曜日の20時に会いましょう」といったメッセージが来ます。
女性からのお誘いの場合男性はめったに断らないと思いますが、マッチングアプリなどで女性からデートを誘ってくることはあまりありません。

尚、少ない費用で数多くの人と出会いたいので、カフェでお茶することを指定するケースが多く、お金がかかる食事や飲みに誘われることはありません。
色々な人に会うことでスケジュールが埋まっているため、「12月10日の20:00から」のように時間を細かく指定するケースも少なくありません。

海

勧誘する人の特徴3:意識高い系の会話

デートかと思って喜んで行ったら、意識高い系、ビジネス系の会話ばかりされるかもしれません。
「金持ち父さん貧乏父さん」という昔流行った本を好む傾向があり、自己啓発系の本に関することを話題とすることもあります。
「若くしてセミリタイア」、「ワンランク上の生活」、「組織に縛られない自由な時間」といった言葉が出てきたら要注意です。

勧誘する人の特徴4:無駄に明るく、社交的

マルチ商法・ネットワークビジネスをやっている人は、仕事の性質、上明るく、社交的なことが多いです。
尚、マルチ内部では、組織の親子関係を深めるために、仲間同士でバーベキュ-やスポーツなどのイベントを毎週のようにやっています。

勧誘する人の特徴5:イベントに誘われる

「尊敬する人がいてその人に会ってから、私の人生が変わった。是非会って欲しい」などと言って、セミナー・交流会などに勧誘するケースがあります。
組織の偉い人に合わせて、勧誘させようとするパターンでしょう。
タワマンでの社交パーティーに誘われるケースもあります。
成功者のイメージがあるため、タワマンを好むのでしょう。

女性

マッチングアプリや婚活サイトの対策はどうなっている?

大手の婚活サイトやマッチングアプリでは、会員のプロフィール・写真・メッセージを24時間365日監視しています。
問題がある会員の通報制度があり、ネットワークビジネスをやっている人が長く会員として活動できないような体制が整っています。
安心・安全なおすすめマッチングアプリ3選を参考にしてみて下さい。
尚、結婚を前提とする婚活サイトの方がマッチングアプリよりも勧誘系の人々は少ないかもしれません。

おわりに

出会い目的で活動しているのに、勧誘系の人々に出会ってしまうのは時間がもったいないし、好意がある人に勧誘されることで精神的にもダメージを追ってしまうケースもあるでしょう。
なるべく会うことがないように細心の注意を払って活動したいものですね。

口コミランキング上位婚活サイト


毎月20,000人のカップリ成立!

年齢で探す

ページ上部へ戻る