婚活サイト、マッチングアプリの写メ詐欺の見分け方

女性

はじめに

ネット婚活で一番気になることの一つが、写真と本人が大きく違わないかどうかという点でしょう。
写真でイケメン、美女に見えても実際会ってそうでなかったら、がっかりしてしまいますね。
この記事では、写真と実物が大きく異なる「写メ詐欺」の見分け方について解説します。

写メ詐欺とは?

写メ詐欺とは、婚活サイト、出会い系サイト、マッチングアプリなど異性同士がネットで出会えるサービスで、掲載されている写真と実際の顔に大きな差がある場合に用いられる言葉です。
一般的には、女性の写真がとても可愛いのに、実物ではそうではなかったケースが多いでしょう。

写メ詐欺は珍しいことではありません。どの婚活サイト、マッチングアプリでも起こりえます。
年齢を偽っているケースとは異なり、サイトの運営側も取り締まったりするのは難しいのです。
実際に「被害」にあった男性からは、こんなはずではなかったという声が多く出ています。
ネット上の写真に妄想を膨らませていたのに、裏切られたという気持ちもあるのでしょう。
2015年の中国でネット上で知り合った女性の外見があまりに違っていたため、暴行事件を起こした男性もいるそうです。

中国の暴行事件被害者の女性の写真(実物とネットの写真)
Record China
Record Chinaより

写メ詐欺が発生する理由

理由は、男性はネット上の見知らぬ女性を外見で選択する傾向があるために、女性としては少しでも自分を良く見せようとするためです。
職場や学校で出会う異性は相手の性格を知って好感を持つことがありますが、ネットの場合はそうではありません。
最初はほとんど相手の外見だけ見るのです。外見から好みかどうか判断して好みだったら、趣味や性格が合うかどうか考えるのです。
リアルな出会いと比較して、外見の比重が大きいのがネットの出会いと言えるでしょう。

一般的に女性は化粧やしっかり行い、お洒落にも気を遣います。その流れで、自分を写真で良く見せようとするのは自然でしょう。
今はスマートフォンなどの画像加工技術も発達していて、目を大きく見せたり、小顔に見せることができます。
どう撮影したら自分が一番可愛く見えるか熟知している女性も多くいます。光の当て方、角度を工夫して、あの手この手で可愛い自分を演出しているのです。

写メ詐欺の見分け方

女性

外見に自信がある女性は特殊な撮影方法や画像の加工を行いません。(メイクくらいはするかもしれませんが。)
明らかに画像が加工されている、撮影方法が不自然な場合は写メ詐欺の可能性が高まるかもしれません。
具体的には、次のような条件に多く当てはまる写真は写メ詐欺の可能性が高まります。

(1)過剰に光が当たっている写真
鼻の形や肌質などが分かりにくくなります。

(2)目の大きさが不自然な写真
元の目の大きさが分かりません。

(3)つけまつげがはっきり分かる写真
目をパッチリ見せているが実際はどうか分かりません。

(4)髪型で顔の輪郭が隠されている写真
えらが張っているのを隠しているかもしれません。

(5)小顔に見せるために少し上から撮影されている写真
多いパターンですが、顔の大きさが分かりにくくなります。

(5)小顔に見せるためにいわゆる虫歯のポーズを取った写真
手を頬にくっつけることで、顔が小さく見えます。

おわりに

上で挙げた条件は絶対ではありません。
周囲から見て外見が良い女性でも自分に自信がなかったら、写真を良く見せようと努力して結果的に光はたくさん当たっている写真をアップする場合もあり得ます。
条件に当てはまる女性をすべて対象外にしてしまったら、出会いの機会を失ってしまうかもしれません。
そもそも写真と実物が変わらず可愛かったとしても、体型が好みではないケースもありますね。
見分け方は参考程度に考えて、何度かやりとりして信頼できるかどうかで判断した方が良いでしょう。

口コミランキング上位婚活サイト


毎月20,000人のカップリ成立!

ユーザー評価ランキング

1ペアーズ(Pairs )4.21/5(48)
2マッチングアプリ with(ウィズ)4.11/5(15)
3Omiai4.1/5(61)
4ゼクシィ恋結び4.07/5(17)
5ブライダルネット4.01/5(111)

年齢で探す

ページ上部へ戻る