婚活サイトで「うまくいく人」・「うまくいかない人」その理由を解説

男女

はじめに

婚活サイト利用者の中には、うまくいって結婚する人もいれば、うまくいかず退会、婚活を諦めてしまう人もいます。
せっかくお金と時間をかけて活動するなら成功させたいものです。
この記事では、うまくいく人うまくいかない人にはどんな特徴があるのか、そしてそれには理由があるのかまとめてみました。
婚活している人は参考にしてみて下さい。

特徴1:マメな人

婚活サイト利用者に限りませんが、マメな人はうまく可能性が高いです。
活動している人はわかると思いますが、婚活サイトは結構面倒くさいです。
プロフィールを登録して、異性に与える印象を良くするために事前によく考え情報を充実させるのに時間が手間もかかるのです。

メガネ

もっとも神経を使うのが写真です。
何枚も写真を撮影して、印象の良い写真を選ぶ必要があります。
条件に合う人を時間をかかけて探して何人もアプローチし、マッチングした後メッセージのやり取りも必要です。
マメな人ではないと、途中で諦めたくなるかもしれませんし、諦めなくても対応が大雑把になってしまう人もいるでしょう。
ネット婚活の世界では、大雑把な対応をすると、相手のことが分からないので簡単に切られてしまいます。
マメに活動できない人は婚活サイトではうまくいくのは難しいでしょう。

特徴2:条件にこだわりすぎない人

譲れない条件は誰でもあると思いますが、条件を絞れば絞るほど出会いの機会は減ります。
条件を絞りすぎてそれに固執している人はうまくいく可能性は低いでしょう。
例えば、年齢30歳から35歳、大卒、年収700万以上で上場企業勤務、身長175cm以上の細マッチョ、普通以上の外見、性格が良い・・・。
こんな人は既に結婚している可能性が高く、婚活サイトで知り合って結婚できる可能性は低いと言わざるを得ません。
サイトに登録していたとしても、他の会員との熾烈な競争に晒されることになります。

条件よりも性格や価値観が合うかどうかで活動している人はうまくいきやすいでしょう。
条件を緩くすることで出会いの機会は拡がりますし、フィーリングが合う人に出会えれば、交際、結婚に発展しやすいからです。

カップル

特徴3:前向き思考の人

後ろ向きな考えをする人、自信がない人が異性から好かれることは稀です。
ネガティブ思考の人は運気も逃げていくという話もありますね。
前向きに考えて行動する人の方が成功しやすいことは間違いありません。

例えば、女性のプロフィールの自己紹介文で考えてみます。

(1)昔男性に裏切られたことがある私を受け入れてくる人と出会いたいです。基本男性はイケメン以外苦手ですが、もう33歳で年齢的にやばいと思って焦って婚活を始めました。
(2)男の人と話すと緊張してしまいますが、子供のいる幸せな家庭を夢見ています。1年以内に結婚できたらいいな!

極端な例ですが、女性の条件が全て同じ場合、(1)と(2)で(1)を選ぶ男性はいないでしょう。

誰しもマイナスな感情にとらわれることがあると思いますが、それを他人の前で出すことにメリットはありません。

笑顔女性

特徴4:精神的に成熟している人

婚活なので、結婚を前提に活動しています。
多くの人は結婚生活を想像できる人を選ぶでしょう。
大人になりきれていない、精神的に成熟してない人は結婚生活を想像することが難しく、婚活で結果を出すのは厳しいでしょう。

精神的に大人であるということは、「自分本位の考え方をしない」ということだと思います。
自分のことだけ考えるのではなく、周囲の人のことを考える余裕のある人は魅力的だし、結婚生活もプラスに想像できます。
精神的に成熟している人の方が婚活で成功しやすいでしょう。

おわりに

婚活サイトでうまくいく人のまとめです。

・マメな人
・条件にこだわりすぎない人
・前向き思考の人
・精神的に成熟している人

婚活サイトでうまくいくには、考え方や行動を変える必要がある人もいるのではないでしょうか?
婚活を通じて人間的に成長する人もいるので、今の自分に安住しない、変化を恐れない姿勢も大事だと思います。

口コミランキング上位婚活サイト


毎月20,000人のカップリ成立!

ユーザー評価ランキング

1ペアーズ(Pairs )4.2/5(49)
2マッチングアプリ with(ウィズ)4.14/5(16)
3Omiai4.1/5(61)
4ゼクシィ恋結び4.07/5(17)
5ブライダルネット4.01/5(112)

年齢で探す

ページ上部へ戻る